大阪市中央区は不動産売却しやすい?住みやすさ・大型商業施設・地価をご紹介

2023-11-07

大阪市中央区は不動産売却しやすい?住みやすさ・大型商業施設・地価をご紹介

この記事のハイライト
●大阪市中央区の住みやすさは交通アクセスと買い物環境が良い点である
●難波には大型商業施設「大阪高島屋」「なんばCITY」「なんばウォーク」「なんばスカイオ」があって便利
●地価総平均は295万7790円/㎡、坪単価は977万7819円/坪である

買い物環境や交通アクセスなど住みやすさ満点の大阪市中央区の物件は、不動産売却し易いのでしょうか。
不動産売却する際は物件の住みやすさをあらかじめ整理してくと、効果的にアピールできます。
そこで今回は大阪市中央区の住みやすさや大型商業施設、地価について解説します。
大阪市中央区、大阪市天王寺区、大阪市阿倍野区で不動産売却を検討している方は、ぜひご参考にしてください。

\お気軽にご相談ください!/

大阪市中央区の不動産売却①住みやすさ

大阪市中央区の不動産売却①住みやすさ

大阪市中央区は都会的な街並みで、交通アクセスや買い物環境が良く、住みやすさ抜群の街です。
そのため、通勤利便性を高めたい方や近場でショッピングをしたい方の需要が期待できます。
治安が良く安心して暮らせる街も多く、子育てファミリーからも人気が高いです。
ここからは大阪市中央区の不動産売却でポイントとなる住みやすさについて解説します。

交通アクセス

大阪市中央区内では、電車が10路線以上とおっています。
乗り入れ路線数が最多なのは難波で、「南海線」「近鉄・阪神線」「御堂筋線」「四つ橋線」「千日前線」「JR線」の全6路線を利用できます。
また地下鉄御堂筋線と谷町線沿線の街は、大阪市中央区の中でも住みやすさを感じやすいです。
御堂筋線沿線には交通の要衝である梅田駅や新大阪駅、オフィスの多い本町駅や淀屋橋駅があり、通勤や出張に便利です。
谷町線沿線は官庁や寺院、商店街があり、歴史文化を堪能できます。
このように大阪市中央区内には駅と路線数がとにかく多いので、乗り換えも楽々です。
移動の多い生活を送っている方からは不動産売却の需要が高いエリアといえるでしょう。

買い物環境

買い物環境が充実している点も、大阪市中央区ならではの住みやすさです。
大阪市中央区内には、大型商業施設や商店街が点在しています。
普段の買い物は近所の商店街で済ませて、休日のお出かけは大型商業施設など使い分けも可能です。
大型商業施設には新しいブランドがオープンすることも多く、まさに流行の最先端です。
飲食店もたくさんあり、幅広いジャンルのグルメを楽しめる環境が整っています。
充実した買い物環境が大阪市中央区の住みやすさに直結しています。
買い物の利便性が高い立地ほど、不動産売却価格が高まる可能性もあるでしょう。

治安

大阪市中央区は繁華街が多い一方で、安心して暮らせるエリアも多いです。
とくに治安が良く、不動産売却につながりやすい3つの街をご紹介します。
天満橋
天満橋は女性の一人暮らしやファミリー層に人気です。
近くに大阪府警察本部本庁舎があるので、巡回パトロールなどの安全対策も整っています。
京橋駅や淀屋橋駅に約3分、大阪駅に約14分で行くことができ、交通アクセスも非常に便利です。
治安と利便性という2つの住みやすさを両立する天満橋は、不動産売却しやすい街といえるでしょう。
谷町六丁目
谷町六丁目は駅から少し歩くと閑静な住宅街が広がっていて治安が良い街です。
子どもが多く暮らしているので、地域パトロールなど見守りの目が行き届いています。
繁華街など賑やかな雰囲気はありませんが、その分街並みが綺麗で住みやすさ満点です。
谷町六丁目のファミリー向け物件は、不動産売却の需要が高いでしょう。
北浜
北浜は大手企業のオフィスが立ち並ぶ、落ち着いたビジネス街です。
オフィスビルには警備員や防犯カメラが多く配置されていて、夜も安心です。
徒歩通勤もできるので通勤時間を短くしたい方などが不動産売却のターゲットになるのではないでしょうか。

この記事も読まれています|入札方式での不動産売却(オークション)とは?仲介との違いや流れを解説

\お気軽にご相談ください!/

大阪市中央区の不動産売却②大型商業施設

大阪市中央区の不動産売却②大型商業施設

大型商業施設があると住みやすさが向上し、不動産売却しやすくなることがあります。
ここからは大阪市中央区にある人気の大型商業施設をご紹介します。

大阪高島屋

大阪市中央区難波にある大阪高島屋は、ミナミを象徴する老舗百貨店です。
2011年3月には全館リニューアルを実施して、東館・旧本館・西館の3棟が一体化しました。
売り場面積は1.4倍に増床し、大型商業施設としてますますパワーアップしています。
コスメやファッションのフロアでは国内外の高級ブランドを取り扱っていて、上質な商品を入手することが可能です。
大切な方へのプレゼントなど、特別な商品を探しているときも活躍してくれるでしょう。
大阪高島屋は、デパ地下も豊富な品揃えです。
お惣菜は和惣菜と洋惣菜に分かれていて、老舗有名店や今話題のお店の味をテイクアウトすることもできます。
そのほかスイーツショップやリカーショップなど、あらゆる食料品を取り扱う豊富なラインナップです。

なんばCITY

なんばCITYは大阪市中央区難波にある大型商業施設です。
利便性の高い立地が最大の魅力になっています。
なんばCITYは各線の駅に直結していて、大阪高島屋となんばウォークとつながっていてとても便利です。
すぐ電車の乗り降りができるので、通勤前後のちょっとした時間を縫って、お買い物することができます。
忙しいビジネスパーソンが気軽に立ち寄りやすいお店づくりが特徴です。
働く女性をターゲットにしたお店が多く、「ジャーナルスタンダード」「スピック&スパン」「ビームス」など、人気のセレクトショップが集結しています。

なんばウォーク

なんばウォークは中央区千日前にある地下街です。
東西に延びる2本の通路沿いに、約240店舗のレストランやショップが営業しています。
各路線ともつながっているため、雨の日も濡れずにショッピングを楽しめる環境です。
関西空港行きのバスターミナルにも接続しているので、飛行機での長距離移動が多い方もゆったり過ごせるでしょう。
老若男女問わず幅広い世代をターゲットとしたテナント構成になっています。

なんばスカイオ

大阪市中央区難波にあるなんばスカイオは2018年に開業した新しい大型複合施設です。
2〜6階がショップとレストランが入っていて、5階には「無印良品」が1フロア全体でオープンしました。
7〜8階はコンベンションセンター、9階はクリニックモール、高層階はオフィスという多用途で構成された施設です。
仕事からプライベートまで、さまざまな使い方ができるようになっています。

この記事も読まれています|入札方式での不動産売却(オークション)とは?仲介との違いや流れを解説

\お気軽にご相談ください!/

大阪市中央区の不動産売却③地価動向

大阪市中央区の不動産売却③地価動向

大阪市中央区の2022年の地価は下記のとおりです。

  • 地価総平均:295万7790円/㎡
  • 坪単価:977万7819円/坪
  • 変動率:1.71%下落

※上記の数字は大阪市中央区の公示地価と基準地価の総平均を記載しております。
※参考://tochidai.info/osaka/osaka-chuo/
道頓堀や心斎橋などの商業地は、コロナ禍の影響で地価が下落しています。
一方で谷町六丁目や森ノ宮、玉造、京橋などのエリアでは地価が上昇傾向にあります。
これらのエリアは住みやすさと利便性を兼ね備えていて、高い需要を維持しています。
底堅い需要があり、好条件な物件は買い手が付きやすいでしょう。

この記事も読まれています|入札方式での不動産売却(オークション)とは?仲介との違いや流れを解説

まとめ

大阪市中央区は多くの方々から住みやすさが評価されていて、不動産売却の需要が高まっています。
治安の良い住宅地はとくに人気で、今後も地価の上昇が期待できるでしょう。
私たち「スタートエステート」は、大阪市中央区、大阪市天王寺区、大阪市阿倍野区で不動産仲介・買取を取り扱っております。
これから不動産売却・区分マンションの買取を考えている方は、ぜひお気軽にご相談ください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

06-6777-5522

営業時間
9:30~19:00
定休日
水曜日・年末年始・夏季休暇・GW・当社指定日

売却査定

お問い合わせ